Recommend

リヒテンヘルトガラス工房・ラジオメーター

ドイツ・リヒテンヘルトガラス工房のラジオメーター。 熟練の職人が一つ一つ丁寧に手吹き作業で制作したものです。店頭では贈り物としても人気の高いアイテムです。理化学系のインテリアや雑貨がお好きな方へのギフトにいかがでしょうか。

ラジオメーター6並横1820

ラジオメーター結合

ラジオメーターは、光エネルギーを運動エネルギーへ変換する実験器具として、イギリスの物理学者クルークスにより発明されました。 光があたると回転翼の黒い面は裏面の淡色面より光エネルギーを多く吸収し、温度が高くなります。 温度が高くなると空気の構成分子の運動が活発になり、その反力で回転翼が回る仕組みとなっています。 太陽光、白熱球、ハロゲン球など光源、光の強さにより回り方が変化します。 お気に入りの場所に、そっと置いてみてください。 光、音、風… 見えない何かを感じていただけたら…  ¥8100

オンラインストアでもご紹介いたしております。 patrone.stores.jp

2017-05-10 | Posted in RecommendNo Comments » 
Comment





Comment



post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)